講座受講から半年経過

翻訳の学習記録

夏前に講座の受講を開始して半年が経過し、季節は冬になりました。

私が住む地域では、一昨日降った初雪がけっこうなドカ雪となりました。

さて、半年前の私は、翻訳者として仕事をしてはいたものの、何度目かの壁にぶつかっていました。

しかし、壁にぶつかってもがいていたのは心の中での出来事であり、私は具体的な対策を練り行動に移すことができていませんでした。

そうです。完全に思考が停止していたのです。

夫からこのことを指摘されたときは、言い訳どころかぐうの音も出ませんでした。。

たった半年、されど半年。

まだまだ努力量は足りませんが、何とかトライアル合格という1つの成功体験を得ることができました。

年内に何らかの結果を出したいと思っていたので、この成功体験のおかげでもっと頑張ろうという前向きな気持ちに拍車がかかりました。

また、行動を記録することの重要性を実感しました。

記録がなければ、過去の行動内容を振り返り、新たな行動につなげるというサイクルを回すことができません。

トライアルを受けたことで、いろいろと勉強しなければならないテーマが増えました。

今後の実ジョブを想定して、まずは書籍をいくつか購入。 イラストが豊富で、読み物としても楽しめるのではないかと思います。

今年も残り1か月を切りました。 悔いのない1年の締めくくりができるように、またコツコツと行動していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました